テキストサイズ▶ 小 |中 |大 |

JANコード

JANコードとは

JAN(Japanese Article Number)コードは、日本の共通商品コードとして流通情報システムの重要な基盤となっています。
JANコードはバーコード(JANシンボル)として商品などに表示され、POSシステムをはじめ、受発注システム、棚卸、在庫管理システムなどに利用されており、さらに公共料金等の支払システムへの利用など利用分野の拡大がみられます
JANコードは日本国内のみの呼称で、国際的にはEANコード(European Article Number)と呼称され、アメリカ、カナダにおけるUPC(Universal Product Code)と互換性のある国際的な共通商品コードです。
JANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2つの種類があります。さらに、標準タイプには、最初の7桁がGS1事業者コード(JAN企業コード)となっているものと、9桁がGS1事業者コード(JAN企業コード)となっているものに分けられます。

  • JANコードの体系

JANコードとGS1事業者コード(JAN企業コード)

  1. GS1事業者コード(JAN企業コード)には、(国コードを含め)9桁と7桁の2つがあります。9桁と7桁の付番領域は下記の通りです。
  2. GS1事業者コード(JAN企業コード)は、流通システム開発センターが一元的に付番管理しています。GS1事業者コード(JAN企業コード)は、流通業とその関連業界の情報システム化のために、事業者等の申請を受け、流通システム開発センターが国際的な約束に基づき、かつ番号が重複することのないよう一元的に管理し、申請事業者に貸与しています。
  3. GS1事業者コード(JAN企業コード)は、永久貸与ではありません。GS1事業者コード(JAN企業コード)は、3年ごとの「更新手続き」が必要です。
  4. GS1事業者コード(JAN企業コード)の申請料は、事前納付(前納)制です。更新の場合も、同様に事前納付制です。
  5. 流通システム開発センターへの「登録事項」に変更が生じたときは、変更手続きが必要です。
  6. GS1事業者コード(JAN企業コード)が不要になった場合は、返還届の提出が必要です。
  7. 「貸与規約」および「バーコード利用の手引き」に記載されている事項を守っていただけなかった場合、GS1事業者コード(JAN企業コード)の貸与が取り消される場合があります。取り消された“GS1事業者コード(JAN企業コード)”は以後使用することはできません。
  • 9桁 456000001~458999999
    7桁 4500001~4559999
    4900001~4999999

JANコード表示までの作業手順(登録申請から貸与まで)

  • 1.登録申請書に記入
    • 「バーコード利用の手引き」巻末についている登録申請書を切り離し記入して下さい。
  • 2.郵便局(もしくは銀行)で登録申請料を払い込む
    • 登録申請書の下に付いている郵便払込用紙で郵便局から登録申請料をお振り込み下さい。
  • ≪GS1事業者コード(JAN企業コード)新規登録申請料≫
  • 製造業
    ランク 年商

    初期申請料
    (初回登録時のみ)

    登録管理費
    (3年間分)

    合計
    (消費税8%含む)

    A 500億円以上 32,400円 216,000円 248,400円
    B 50億円以上~500億円未満 108,000円 140,400円
    C 10億円以上~50億円未満 64,800円 97,200円
    D 5億円以上~10億円未満 32,400円 64,800円
    E 1億円以上~5億円未満 不要 32,400円 32,400円
    F 1億円未満 10,800円 10,800円
  • 非製造業(卸・小売業、サービス業等)
    ランク 年商

    初期申請料
    (初回登録時のみ)

    登録管理費
    (3年間分)

    合計
    (消費税8%含む)

    A 1,000億円以上 32,400円 216,000円 248,400円
    B 500億円以上~1,000億円未満 108,000円 140,400円
    C 100億円以上~500億円未満 64,800円 97,200円
    D 50億円以上~100億円未満 32,400円 64,800円
    E 10億円以上~50億円未満 不要 32,400円 32,400円
    F 10億円未満 10,800円 10,800円
  • 新規登録申請料は、3年間分になります。
  • 年商は、事業者全体の年間の総売上高です。
  • 詳細は「バーコード利用の手引き」(登録申請書付)をお読み下さい。
  • 3.登録申請書の裏面に、払込金受領証のコピーを貼り付ける
    • 払込金受領証のコピーが貼り付けられていないと登録申請書は受け付けられません。
  • 4.登録申請書を提出
    • 各地の商工会議所または商工会の窓口および流通システム開発センターで受け付けています。
    • (登録申請書をコピーして記入したものは受け付けられません)
    • 【ご注意】
    • 地域によっては、GS1事業者コード(JAN企業コード)の申請を受け付けていない商工会議所、商工会もあります。事前に、お電話等でご確認されることをお勧めいたします。
  •   ↓ 約2週間後
  • 5.「GS1事業者コード(JAN企業コード)登録通知書」が届きます
    • 「GS1事業者コード(JAN企業コード)登録通知書」には登録申請された事業者に貸与されたGS1事業者コード(JAN企業コード)が記入されています。
    • 9桁のGS1事業者コード(JAN企業コード)が通知されます。(標準タイプ13桁の場合)GS1事業者コード(JAN企業コード)の先頭の「45」は国コードです。
    • ただし、商品アイテム数が5万以上の申請の場合は、7桁のGS1事業者コード(JAN企業コード)が通知されます。




 みやぎ仙台商工会

  • 本  所:〒981-3124 仙台市泉区野村字太斉山4-6 電話:022-372-3545 Fax:022-375-7475
  • 宮城支所:〒989-3127 仙台市青葉区愛子東6-4-5 電話:022-392-6571 Fax:022-392-3945
  • 秋保支所:〒982-0243 仙台市太白区秋保町長袋字大原45-1 電話:022-399-2846 Fax:022-399-2260