ニュース 2021 4月-6月

小規模事業者持続化補助金(一般型・低感染リスク型ビジネス枠)について 2021.4.2

<申請時の注意点>

①商工会管轄地域(泉区・旧宮城町・旧秋保町)のみ受付しております。商工会議所管轄地域で事業を営んでいる場合は商工会議所へお問い合わせください。
②【公募要領】を必ず熟読して頂き補助金の概要について確認してください。不明点は本会へお問合せ下さい。
③申請関係書類一覧の中にある申請書類をある程度作成頂き事前にお電話の上、商工会まで申請書類を提出して下さい。
・提出書類はA4サイズでの紙媒体とword等のデータの両方提出必須です。
・一般型については直接補助金の地方事務局への提出はできません。一度管轄の商工会を経由してからの提出のみとなります。
・低感染リスク型ビジネス枠については電子申請のみとなります。事前に「GビスIDプライムアカウント」の取得が必要です。
④経営計画書の内容確認および修正作業を何度かやり取りさせて頂き提出できる状況まで作成が出来たら商工会から支援機関確認書を発行します。
・本会の担当職員と打ち合わせを行いながら申請することとなります。そのため申請までは日数がかかる場合がございますのでお早めにご連絡下さい。
・締切1週間を過ぎた場合、受付が出来ない場合がございますのでご留意ください。
・相談や計画書の作成支援については無料で実施しております。
・本会の会員事業所以外の方も申請可能となっておりますが会員事業所の相談を優先する場合もございますのでお早めにご相談下さい。
・本補助金は小規模事業者自らが自社の経営を見つめ直し、経営計画を作成した上で行う販路開拓の取組を支援するものです。そのため商工会では作成代行は行いません。
・事業支援計画書または支援機関確認書のみの発行はできません。一度計画書の内容を見させて頂き補助金の要件等に合う場合のみ発行致します。そのため即日発行も出来ません。
※申請内容により当補助金の主旨に沿わないと判断した場合や申請書・報告書の作成が難しい場合、事業の遂行が現実的に難しいと判断した場合は申請受付が出来ない可能性がありますのでご了承下さい。

関連HP

<一般型>
https://www.shokokai.or.jp/jizokuka_r1h/

<低感染リスク型ビジネス枠>
http://www.low-risk-jizokuka.jp/

なお、過去の持続化補助金のHPは以下の通りです。公募は終了しておりますので報告書類を作成の方のみご覧ください。
<コロナ型>
https://www.shokokai.or.jp/jizokuka_t/